集団面接における特徴

集団面接における特徴

面接で残業の事について聞かれた場合

面接が終盤の方になってくると、相手から仕事をするにあたっての質問をされる事があります。企業の中には面接中に、残業をすることに抵抗がないのかと質問をしてくる場合があります。残業の事について質問をされた場合は、残業が多い企業なのだと言う事を覚悟しなくてはなりませんが、自分の思っている事をしっかりとつたえるようにしましょう。残業代をもらう事ができるのであれば、何時間でも残業をしても良いと考えている方もいますし、お金はあまり必要ないので、残業が少ない方が良いと考えている方もいます。これは人の考えの違いになるので、自分の思っている考えを伝えても、不利になってしまうと言う事は少ないでしょう。残業に否定的な事を言ってしまうと、採用されなくなってしまうのではないかと考えてしまいますが、そのような事は少ないので安心して良いでしょう。

また面接で残業がありますが良いですかと言う口調で聞かれてしまう場合もあります。これは残業がある事を確定的にする言葉になりますが、すぐに返事をするのではなく、1日どれくらい残業をすることがあるのかを訪ねてみるようにしましょう。残業の時間を聞いて納得する事ができればしっかりと返事をするようにしましょう。

Copyright (C)2017集団面接における特徴.All rights reserved.