集団面接における特徴

集団面接における特徴

面接で失敗談を話す場合

面接の際に、今まで大きな失敗を仕事でしてしまった事があるのかを聞かれる事があります。自分の失敗を相手に伝えなくてはならないので、少し抵抗を感じてしまう質問になってしまうかもしれませんが、しっかりと伝える事が大切になります。自分が大きな失敗をしたことがないと言う場合には、無いと答えても全く問題がない質問になります。仕事で大きな失敗をしてしまった場合には、失敗した部分を伝えると言う行動はしないようにしましょう。失敗した部分だけを伝えてしまう事によって、自分の印象を下げて終わりになってしまう事があります。また面接官の方も失敗した事だけを聞きたくて、このような質問をしている訳ではないと言う事を理解するようにしましょう。

面接で失敗した部分だけを伝えないと言う事は簡単になりますが、その他にどのような事を伝えれば良いのか全くわからないと言う場合もあります。失敗以外の部分で伝えなくてはならない部分は、どのようにして挽回をしたのかと言う事になります。失敗をしても諦めずにどのような行動をとったのかを一緒に伝えれば、失敗の内容よりも、自分の頑張りを知って貰う事ができます。面接官の方も、挽回することができたのかを知りたがっているので考えて伝えるようにしましょう。

Copyright (C)2017集団面接における特徴.All rights reserved.