集団面接における特徴

集団面接における特徴

集団面接における特徴

集団面接とは、面接官の人数に関わることなく、就活生複数人によって同時に面接を受けていくものとなっています。グループワークやディスカッションと違って、質問の内容に関しては、通常における面接と余り代わることはありません。もちろん、1人ずつ面接を行っていくのが一番いいわけですが、企業においては、この面接スタイルを取っている理由は時間の短縮であり、ただこの1点でしょう。そして、ほとんど一次面接においてこの手法が用いられておりますので、自分の企業が集団によって面接していくかどうか、あらかじめ把握しておくようにしましょう。

また、話す内容に関しては普通の一次面接と同じとなっています。難しく考える必要はありません。周りに同じような就活生が居ても、内容について聞かれていると気になってしまいます。なお、すごく学歴が良かったり、しっかりしている内容であると焦ってしまうでしょう。しかし、極力一緒に受けている人は気にしなくていいでしょう。現在、一緒に受けている2、3人の中において1人合格者を出しているわけではありません。あくまで選考を受けている全体の中より次の選考に行くような人間を選んでいきます。また、他人の学歴やサークル、バイト経験や外見については、全て気にしなくてOKとなっています。

Copyright (C)2017集団面接における特徴.All rights reserved.